無料相談お申込み
予約見学会はこちら
自然豊かな山梨なら、平屋の家を建てることも選択肢のひとつです

自然豊かな山梨なら、平屋の家を建てることも選択肢のひとつです

一戸建てのメリットとデメリット

まずは、一戸建てに住まいを変えることのメリットとデメリットを、ここでもう一度おさらいしておきましょう。

一戸建て住宅のメリット

一戸建て住宅は、管理費や修繕積立金、駐車場代が不要

分譲マンションは、管理費や修繕積立金、駐車場代が住宅ローンと別途で必要となり、なにかとランニングコストがかかることになります。
一戸建て住宅の場合、敷地内に駐車場があれば、月々の駐車場代はかかりませんし、メンテナンス費は自己負担なので、月々の強制的なコストはかかりません。

一戸建て住宅は資産価値が残りやすい

建物の価値は毎年下がっていきますが、土地の価値は、経年によって下がるということはありません。
全体として見た場合に、資産価値が高いままキープされ、立地によっては価値が上がる場合もあります。

一戸建て住宅は土地利用の自由度が高い

一戸建て住宅では、増築や建て替えの自由度が高く、マンションと違って、外観も自由に変更できるのが魅力です。また将来の状況に合わせて、増改築、売却、賃貸、相続など、柔軟な対応をとることができます。

一戸建て住宅はプライバシー面で優位性がある

壁一枚で隣接しているマンションと違って、戸建住宅は独立した建物ですから、よりプライバシーが守られているといえます。
また、マンションでよくある、上階や隣の騒音問題、それを恐れて下階の人に気を使いながら生活するといったストレスが少なくすみます。
特に小さなお子さんがいるご家庭では、やはり音を神経質になることなく、のびのび子育てをしたいですよね。

一戸建て住宅の主なデメリット

一戸建て住宅の維持管理は自己責任

一戸建て住宅は、管理費や修繕積立金がかかりませんが、いずれは修繕時期が訪れます。
マンションの場合は、管理会社が経費や修繕時期、業者手配などをすべて行ってくれますが、戸建住宅ではこれらすべてを自分で行う必要があります。
メンテナンスが必要なときに資金がなくて手を加えることができない、といったことにならないように、きちんと維持管理計画を立てるようにしましょう。

一戸建て住宅では複数の防犯対策が必要

一戸建て住宅は窓が多いため、不審者の侵入経路が増えてしまいます。
防犯性能が高い窓や鍵、シャッター、センサー付き照明など、ある程度のコストをかけて、複数の対策を講じることで安心を得られます。

一戸建て住宅は気密性・断熱性が低い

一戸建て住宅は上下、四方が外に面しており、窓が多く設置されるため、マンションと比べると、どうしても外気の影響を受けやすくなってしまいます。気密性の高いサッシやペアガラスを採用するなどの対策をとりましょう。
ただし、最近では、高気密・高断熱住宅をセールスポイントにしている戸建住宅も多くみられます。

山梨で家を建てるなら平屋?2階建て?

さて、一戸建て住宅といっても、意外と悩む人が多いのが、「平屋にするか、複数階にするか」ということです。東京都心のように地価が高い場所では現実的でないかもしれませんが、豊かな自然がある山梨なら、ゆったりと土地を使った平屋も十分検討の余地があります。家族構成の変化などを考えると、双方のメリット、デメリットを整理しておく必要がありそうです。

土地の有効活用という観点から一戸建てを考える

2階建てなら、1、2階に分けて部屋を作ることができますが、平屋の場合は、同フロアに部屋を作らなければなりませんので、単純に、倍の敷地が必要となります。
土地が高い都心での平屋生活は、なかなか難しいかもしれません。
一方、複数階の戸建て住宅は、空間を上へ伸ばすことになるので、階数を重ねるほど容積を増やすことができます。都心などで広い敷地を確保できない場合でも十分な生活空間を確保できます。
平屋は、建物中心部の日当たりが悪くなりがちです。
中庭を設ける、コ型プランにする、天窓を設置するなどの工夫が必要となります。

平屋は階段がなく家事動線が異なる

歳をとって2階は物置状態、なんて例をよく聞きます。歳をとると階段を上がり降りする生活は不便ですし、危険でもあります。
平屋には階段がありません。老後を過ごすために、階段のない生活はとても楽で安全です。事故も防ぐことができ、安心・安全な老後生活が過ごせます。
また、濡れた洗濯物や掃除機など、重たい荷物を持って2階へ上がるのは、かなり体力を使います。夜間に、2階の寝室から1階のトイレを使いに降りたりするのも面倒ですね。若いうちはいいですが、歳をとると、なおさら重労働ですよね。
平屋は上下移動がありませんので、家事全般がとても楽に行えます。
動線については、「使い勝手のいい一戸建ての間取りのための10のポイント」という記事をぜひ参考にしてください。

平屋の一戸建て住宅はメンテナンスがしやすい

地震大国である日本の住宅は、耐震対策が必須です。平屋は高さが低いため、2階建てに比べて構造的に強く、台風・地震時にも危険が少なくなります。
平屋は外壁などをメンテナンスすることになった際に、足場を組む必要がありませんので、2階建てに比べて安く済みます。DIYが好きな方は、壁の塗り替え作業程度なら自分でも行うことができる楽しみもあります。

家族のコミュニケーションとプライベートという観点から一戸建て住宅を考える

平屋はワンフロアーですから、家族で顔を合わせる機会が多くなります。家で孤立する場所がなく、お子様の様子が把握しやすいので安心です。逆に、個人のプライベート空間を確保するにはあまり向いておらず、書斎などを設ける場合はロフトやパーテーションで区切るなどの工夫が必要です。
複数階の場合は、上の階は外部からの目線が入りにくく、家族のプライベート空間を守ることができます。また階を分けて部屋を作ることができるので、家族間のプライバシー確保の上でも有効です。1階を店舗や事務所として2階・3階を住居にしたり、1階をビルトインガレージにしたり、1階を親世帯、2階・3階を子世帯の二世帯住宅にしたり、様々なライフスタイルに対応することができるでしょう。
ただし、階を重ねるごとに1階との距離感が生まれてしまいますので、家族同士が顔を合わす機会が減ってしまうとも言えます。リビング内に階段を設けるなど、顔を合わせやすいプランにするなどの工夫を考えてみましょう。

山梨の一戸建ては平屋にすべきか2階建てにすべきか?ポイントまとめ

いかがでしょうか。
一戸建てのメリット、そして平屋にするか、複数階にするかということで迷ったときのポイントについてご紹介しました。これらはあくまで一般的に挙げられるもので、実際には立地条件や物件の規模によって、メリット・デメリットは様々に異なります。
住宅に求めるものは、各家庭のライフスタイルや価値観、また時間の経過によっても変化します。家族構成や将来的なことも踏まえた上で慎重に検討し、後悔しない家づくりを行いましょう。
山梨県のお施主様から多くの喜びの声をいただいている工務店トップホームズでは、これまでの経験から適切なアドバイスをご提供できます。また、お施主様の幸せを第一に考えて、宮大工の伝統を受け継いだ高い技術で家を建てることができます。

 
今回もお読みいただき、ありがとうございました。
家づくりに役立つ記事を他にも掲載しておりますので、ぜひ下のリストからお読みください。

幸せな家づくりのコツ事典

無料相談お申込み 予約見学会はこちら 見学会 お問い合わせ&資料請求