無料相談お申込み
予約見学会はこちら
大切だな「資金計画」は、私たち工務店に相談してください

大切な「資金計画」だから、私たち工務店に相談してください

最初にすることは、土地探しでもモデルルーム見学でもありません

マイホームを建てよう!と決心したあなたは、まず最初に何をされるでしょうか。
「とにかく土地を見にかなくちゃ。地面がないと家は建たないんだから」
そう考える方もいらっしゃるでしょう。
「どんな家にするか、モデルルームを見にいってみよう!」
という方もいらっしゃるかもしれません。

でも、最初にすべきことはそれらではありません。
誰もが初心者!山梨での家づくりはここから始めよう」にも書きましたが、それは、「予算を決めること」です。

家は、多くの方にとって一生のうちに何度も買うことがないであろう、とても大きな買い物です。
その家を建てるお金を、現金でお支払いをされる方はほとんどいらっしゃらないと思います。
大切にためた貯金を頭金にしたり、ご親族の方に援助していただいたりという違いはあるかもしれませんが、たいていの場合は、住宅ローンを利用されることになるのではないでしょうか。
家を建てるための資金面のことを考えることは、非常に大切です。
貯蓄や現在の収入などからローンの返済額を割り出し、家の建築にどれくらいのお金をかけてもいいのか、冷静に判断することが必要なのです。

「豪華な家」は家族を不幸にする、かもしれません

ここでちょっと想像してみてください。

ローン支払いのためにお父さんは残業つづき。お母さんもパートを掛け持ちで、子どもはいつもひとりぼっち。お母さんが夜もパートに出るので、用意した晩ご飯を電子レンジで温めて、テレビを見ながらこどもだけで食べているような家が、幸せだと言えるでしょうか。

逆に、無理のない金額で建てた家なら、どうでしょうか。
無理なローンを組んでいないので、お母さんの夜のパートもなし。毎日家族そろって会話をしながら晩ご飯を食べています。
「お母さん、今日ね、幼稚園の先生にほめられたんだよ!」
「ねえ、お父さん、今度の日曜日には公園に連れてってよ!」
「ぼく、ディズニーランドに行きたいなあ!」
こんな楽しい会話を交わしながらの食卓を囲む生活と、子どもがひとりぼっちで食事をしている生活とでは、どちらが幸せだと思われますか。

ここで絶対におぼえておいてほしいのは、「幸せは豪華な家がつくるものではない」ということです。
豪華で大きな家ほどいい家で、そこに住む人が必ず幸せになれるというようなことはありません。
もちろん、今住んでいる家にないような最先端の設備や、広い空間などに憧れたり、映画などで見るようなスタイリッシュなインテリアを見て羨ましいと思ってしまうこともあるでしょう。
でも、お金の余裕と時間の余裕、そして家族がそろって、はじめて幸せな家族になることができるのです。「家族が幸せになれる家」には、ある程度の経済的なゆとりと、時間のゆとりも大切な要素です。
週に一度は家族で外食ができる、月に一度は家族でレジャーを楽しめる、そんな暮らしの余力を、必ずもっていください。
理想や夢にしがみついて、無理に豪華な家を建てても、家族は幸せにはなれません。

私たちが予算をかけなくてもいい家を作れる理由

予算をかけるほどいい家ができる、と思っている人があまりにも多いようです。
これは間違いです。
ほとんどの住宅メーカーは、カタログや宣伝費、中間業者に対するマージンなど、実際に家づくりにかかる経費以外のところで、かなりの経費をかけています。
それを支払っているのは、その会社と契約して、実際に家を建てるお客様たちです。家を建てない多くの人の分の経費まで支払っているのです。
こうした経費をすべて削減すれば、安くていい家を建てることが可能になります。

ちなみに、私たちトップホームズは、「山梨で一番安くていい家を建てている会社」と呼ばれています。
経費の削減もさることながら、職人さんなどの関係業者さんに対する支払いも、山梨県で一番安いのです。弊社の仲間に入るのは、じつは50人に一人の難関をくぐり抜けなければならないのですが、そんな選りすぐりの職人さんたちが、相当安い額で仕事をしてくださっているわけです。
そんなことが可能になるのも、職人さんのひとりひとりが、お客様を幸せにしたいと心から願ってくれているからです。「お金では得られない喜び」を、職人さんが心から理解してくださっているからなのです(いい家を建てるには、そのような職人さんと出会うことが必要だということを「契約前に「いい大工さんのいる工務店」を見つけるには?」という記事でも書いていますので、ぜひご覧ください)。
こうした関係業者さんの協力もあって、弊社は山梨県でナンバーワンの安くていい家を建てる会社になれたのです。

一生に不幸にしないために

それでも、実際には、「家を建てるなんて、一生に一度のことだから」と無理をしてしまう人が、あとをたちません。
「もっと歳をとってしまったら無理はできなくなってしまうから」
などと、今だから無理をできると言わんばかりの人もいます。
でも、年齢にかかわりなく、多くの人にとって、家は一生に一軒、一生に一度の大きな買い物なのです。
自動車などであれば多少無理をしても、死活問題にまで発展することはないかもしれませんが、家となると別です。
たった一度、無理をして建てた家が、あなたの死活問題になるのかもしれないのです。
一生に一度だから無理をするのではなく、一生に一度だから、絶対に無理をしてはいけないのです。無理をすれば、そのあとの一生が不幸になってしまうからです。
繰り返して言います。
絶対に無理は禁物です。
家を建てることがゴールなのではなく、家を建ててからがスタートなのです。

家を建てる資金のために無理はしない。でも無駄は減らして貯金しよう

いくら家を建てたいからといって、生活をあまりに切りつめるようなことは考えないでください。
せっかく家ができても、切りつめによるマイナスがあるために、「幸せ感」がなくなってしまうかもしれないからです。
ですから、私たちは、あまり「節約」をお勧めすることはしません。
でも、日々の暮らしをちょっと見まわしてみて、無駄に払っているようなものはないかということは、ぜひチェックしてみてください。
あまり読まないような雑誌や新聞は、この機会に購読をやめることを考えてみましょう。
健康やダイエットにはよくないと思いつつ、スナック菓子や飲み物の類をついつい買ってしまっていませんか?毎日ジュース1本でも月に約5千円、2本なら約1万円も使っていることになりますから、これを節約するだけでも効果は大きいです。同じ飲み物でもスーパーで安く買うことができますし、水筒などを活用するのもいいでしょう。
ランチ代も結構大きいです。ワンコインでも500円はかかりますから月1万円になります。最近では冷凍食品もかなりおいしくなっているので、がんばってお弁当を作りましょう。
携帯電話で長電話が多いようなら、それに対応した契約プランに変えましょう。LINEなどの無料通話を利用するのもいいでしょう。
こうして小さな節約なお金をローン返済に回すということではなく、貯金しておけば、必ず何かのときに役に立つことでしょう。

大切だと断言できる「資金計画」だから、私たち工務店に相談してください まとめ

無理な資金計画になっていないか、その借り入れ額で、ご家族が本当に幸せに暮らしていくことができるのか、私たちは、多くの実例から冷静に判断してアドバイスできます。
ぜひ、私たちプロフェッショナルを頼ってください。自分たちの人生だから、と遠慮されることはまったくありません。
家づくりのお手伝いをさせていただくということは、家を建てられる方が幸せな人生を送るためのお手伝いをさせていただくということでもあると思っています。
ただ単にご相談いただくだけでも、自分たちのもっている経験や知見、力量を発揮できることになるので、ただただそれがうれしいことなのです。
ご家族みんなが幸せになれる、最高の家づくりに成功されるよう、精一杯のご支援をさせていただきます。
資金計画の立て方については、家族が幸せになれる資金計画はこうして立てるという記事に詳しく書きましたので、ぜひ参考にしてください。

幸せな家づくりのコツ事典

無料相談お申込み 予約見学会はこちら 見学会 お問い合わせ&資料請求